【寝汗は病気?】-寝汗の原因や症状など > 自律神経失調症



自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状は、人により出方が異なります。

・体が重い
・寝汗をかく
・体の一部が痛い
・訳もなく落ち込む


いろんな症状が複数重なり合って出たり、また症状がまったく出なくなったりと非常に不安定な病気です。
sponsored link

自律神経失調症の原因

・ストレスに弱い性格・体質
・過剰なストレスを受けている
・生活習慣が乱れている
・環境に変化があった
・女性ホルモンによる影響


上記の理由が一つだけの場合もありますし、いくつも理由が絡み合っている場合もあります。個人によってケースが違います。

4つに分類される自律神経失調症

自律神経失調症には、

「本態性型自律神経失調症」
「心身症型自律神経失調症」
「神経症型自律神経失調症」
「抑うつ型自律神経失調症」


上記の4つのタイプがあり、タイプによって治療法が異なります。

自律神経失調症の治療法

自律神経失調症は前述のタイプや個人の性格などを考慮して、治療法が決定されて進められていきます。

・心理療法
・自律訓練法
・薬物療法
・音楽療法
・マッサージや指圧
・ライフスタイルの見直し
 など


自律神経失調症に悩む方は更年期に多いとされています。

生きているのが嫌になることは誰しもあります。慌てないで、自分のペースで病気と向き合い自分自身を認めてあげることが病気の改善を促します。
sponsored link

Copyright(C) 【寝汗は病気?】-寝汗の原因や症状など Allrights reserved.