【寝汗は病気?】-寝汗の原因や症状など > 生理周期や妊娠



妊娠中や生理の時には普段より多い寝汗をかく

寝汗は健康な方でも、一晩にだいたいコップに一杯程度はかくと言われています。

寝汗は体温が高い時に出るものです。

ですから、体温が高くなる妊娠中や生理の時には普段より多い寝汗をかくようになります。
sponsored link

生理周期と寝汗の関係

生理と生理のちょうど中間あたりに排卵があります。

これを境にホルモンバランスが崩れるようになります。
人にもよるのですが、生理が近づいて寝汗が出るという方もいます。

この時期は黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌される高温期です。高温期の症状として、下腹部の痛みやむくみ、そして寝汗などの症状が出るようになります。

生理周期に伴っていろんな症状は出るものですが、あまりにその度合いがひどい場合には病院を受診した方がいいでしょう。

[排卵に関するホームページ]

排卵出血の全て
排卵検査薬 通販ショップ

[むくみに関するホームページ]

むくみ解消.com
生理周期とむくみ

妊娠時の寝汗

受精し着床すると体温が上昇します。

ですから今まで寝汗などかいたことのなかった人でも寝汗をかくようになります。
(寝汗が出ない人もいます)

ただし妊娠中期に入る頃には体温が落ち着いてきますので、寝汗が出なくなってきます。

しかし妊娠後期に入ると再び体温が上昇し始めます。

これに伴って寝汗をかいたり、または高血圧などになる関係で寝汗をかいてしまう方もいるようです。

妊娠中は様々な体調変化があり、「絶対こうだ」というマニュアルのようなものがありません。

寝汗は何らかの異常を知らせるサインでもありますから、もし不安を感じたらすぐに病院を受診することをおすすめします。
sponsored link

Copyright(C) 【寝汗は病気?】-寝汗の原因や症状など Allrights reserved.